リキテックスとは

リキテックスとは

リキテックスとは

1950年代以降、世界のアートシーンの中心は、ヨーロッパからアメリカ大陸へと移って行きました。当時のアートシーンは新しい表現、技法、材料の追及に拍車がかかっていました。多くのアーティストが新しい表現を可能にする素材の登場を待ち望んでいたのです。

1955年、アメリカで理想的な絵具の研究を重ねていたヘンリー・レビソン博士は、バインダーにアクリリック・エマルジョンを用いることにより、新しい絵具の開発に成功しました。

比類のない安定性と堅牢性を持つ、世界で最初の水性アクリル絵具は「liquid=液体」と「texture=質感」という言葉を合わせて「liquitex・リキテックス」と名付けられました。

リキテックスは、当時第一線で活躍していた若いアーティスト達に積極的に支持され、60年代以降のアメリカンアートの隆盛を迎えました。

そして新たなアートの潮流とともに、リキテックスは世界中のあらゆるアーティストに愛用されるようになったのです。

1968年に日本での販売が始まって以来、リキテックスはアクリル絵具の代名詞として広く知られるようになりました。リキテックスの誕生から60年が経った現在でも、アートの第一線で活躍するアーティストや、これからの時代をつくる次世代のアーティストを支え続けています。

アクリル絵具「リキテックス」の特長

アクリル絵具は、水で簡単に扱うことができる水溶性の絵具です。乾燥後は水に溶けない耐水性となり、重ね塗りをしても下の色がにじみ出さず、美しい作品に仕上げることができます。アクリル絵具は乾燥が早く、スムーズに制作することが可能です。* 乾燥後は柔軟な塗膜となり、厚塗りをしてもひび割れることがありません。

水で薄めて水彩絵具のように「にじみ」や「ぼかし」を表現したり、厚く盛り上げて油絵具のように描いたり、幅広い表現が可能です。また、紙やキャンバスだけではなく、布、木材、石、コンクリート、など様々な素材に描くことができることも大きな特長です。

アクリル絵具「リキテックス」は、専門家からライトユーザーまで、幅広いニーズに応えることのできる(応えられる)ラインアップを取りそろえています。
 専門家向け最高級アクリル絵具「リキテック スプライム」。イラストレーターやプロのアーティストに愛用されているリキテックスのベストセラー「レギュラータイプ、ソフトタイプ」。ポスターカラーとアクリル絵具の特長を併せ持った「リキテックス ガッシュ・アクリリック」。
液体タイプの「リキテックス リキッド」や、大容量でリーズナブルな「リキテックス ベーシックス」。さらに、30種類を超えるメディウムシリーズ。リキテックスはアーティストの可能性を無限に広げます。


※リキテックスの完全乾燥時間は72時間です。絵具の表面は20~60分ほどで乾燥します。