使い方/FAQ

使い方/FAQ

その他

【有害性】 樹脂粘土細工にてオレンジ色の粘土を作りたくて、「カドミウムオレンジ」を使っていますが、チューブに有害性ありとあり皮膚に付かないように、と言うような事が書かれています。アクセサリ類でも出来上がりの品は手で触れた皮膚と接する事はあると存じます。粘土は使用後、必ず手を洗うようにしていますがそれでも、こちらの絵の具を粘土に使うのは止めるべきでしょうか?出来上がった作品は手で触れた後、やはり手は洗うべきでしょうか?使った道具類もウェットティッシュ等で拭く程度で無く洗浄しなくてはダメでしょうか?

カドミウムオレンジは、セレン及びカドミウム化合物を含む為に有害表示となっております。

これは、ACMI(米国画材・工芸材料協会)が定めた基準に準拠しています。溶解性のカドミウムではない為、すぐに人体に害がある訳ではありませんが、長い間に体内に蓄積される恐れがある為にこのような表示が義務付けられています。

実際には頻繁に口に入れたり(通常はあり得ませんが)、傷口に直接塗ったりしない限り直接的な害はないと考えて頂いてよいと思われます。

ただし、このようなことを防ぐ為に、使用後の手洗いは必ず行い、道具類も水洗いして頂くことをお願いいたします。

なお、乾燥後はカドミウムの顔料がアクリル樹脂にくるまれた状態になりますので、手で触っても特に害があるということはありません。

FAQ一覧へ